• 北欧の暮らしのアイデア
  • 心を満たす居場所

北欧に学ぶ、「照明」を使った空間づくり

北欧の人々にとっての「照明」

私たちグリニッチと深い繋がりのある、北欧・デンマーク。
北欧の人たちは、光に対して敏感な感覚を持っています。長い冬の時期、夜が長く、雨や雪が多いということもあり、長時間室内にこもるということも要因の一つ。光がいかに人間に大切なものであるかを、北欧の人々は身をもって理解しているのです。

そんな厳しい自然と共存の中で生まれたのが、北欧の人々の照明への想いです。

電気が無かった時代、光を得るのにロウソクが用いられていましたが、デンマークのロウソク消費量は今でも高く、暮らしに欠かせない存在となっています。

ロウソクを灯したときにみられる、揺れ動く「灯火」。
明るく周囲を照らすということよりも、人間の気持ちの深いところを揺さぶる効果があると考えられています。また、お客さんを招くときのウェルカムライトになり、デンマーク本来のホスピテリティの表れともいえます。

「灯火」を大切にするデンマーク人。
そこから生まれる照明は、それ自体が目立つようなものではなく、「光をデザインする」ことに主眼が置かれてるのが特徴です。インテリアの一部として、またインテリアを引き立てるものとして、照明がデザインされてきました。

なおかつ照明は室内の印象に大きな影響を与えるため、明かりが点いている時も、消えている時も、そのフォルムにさえ美しさを求めます。家具やインテリア小物と同じく、照明にも機能性と美意識が混在しているのです。

北欧の人々の照明づかい

北欧では照明は室内を明るく照らす道具というだけではなく、心に落ち着きや癒しを与えてくれ、空間をより美しくする大切なアイテムと考えられています。

そのような北欧の照明づかいには、日本の暮らしにも応用できることがたくさんあります。そのひとつが、食卓の卓上60cmほどのところにペンダントライトを吊るすということ。

北欧ではよく見られる使い方で、ダイニングテーブル全体をしっかりと照らしながら、テーブルの周りに光のベールを生み出して、ひとつの空間とし、そこに集う人々の一体感を演出する効果も。照明の効果によって、周りのインテリアや人の心理に与える影響はとても大きいと言えます。

食卓は家族や友人とともに語らうコミュニケーションの場所でもあり、毎日の食事をゆったり味わい、おいしく演出するためにも欠かせないもの。
光や照明の効果を、場所や状況に合わせてうまく取り入れることで、豊かな空間が広がります。

北欧の暮らしをインタビュー
ヒュッゲな空間づくりのアイディア

今回グリニッチでは、特別企画として、デンマークに住む方々に、暮らしについてのインタビューを実施。
Life Placeを作るためのヒントをたくさんいただきました。

インタビューの中で、お二人とも話されていたのが、部屋づくりにおける照明の重要性。

コペンハーゲンにある保育園・幼稚園の園長さんとして働くチナさんにとって、灯りは「ヒュッゲな空間を作る一部」。
スポットライトのような、光の場所が特定される照明は一切使わず、小さいランプをたくさん使って、心地良い空間を作り上げていくのが楽しいのだそう。

ランドスケープアーキテクトを志すリーヌさんにとっても、お部屋のこだわりは「照明」。
ダイニングテーブルの上には、広く光が当たるような機能的な照明、雰囲気を重視するエリアでは、柔らかな光を放つ小さなランプをたくさん置く・・など、
リラックスできる照明と機能的な照明をお部屋やゾーン使い分けることで、居心地の良いヒュッゲな空間を作れるのだそうです。

<インタビュー記事はこちら>

Life Place 北欧デンマーク編 Episode 2
「リーヌ・スタンプ・ダールさんのLife Place、訪ねました」

 

Life Place 北欧デンマーク編 Episode 3
「チナ・ヘンセンさんのLife Place、訪ねました」

 

日本では「明るく照らす」ことが重視されてきた照明。

北欧の人々のように、「居心地の良い空間作りのための照明」と考え方を変えてみると、
心が落ち着いたり、家族との時間をゆったり過ごせたり、自分らしくいられる居場所を作れたり・・と、
LifePlaceづくりのきっかけになることに気付きます。

あなたにとってのLifePlaceづくりに、暖かく灯る照明を取り入れてみませんか?

 

広報 岡田

 

Recommend

こちらの記事も人気です