• お店に行こう
  • 家具選び

【2021年7月便】北欧ビンテージ家具が代官山店へ入荷しました

こんにちは。グリニッチ代官山の安達です。

梅雨空がまだまだ続き、じめっとした湿気と、もわっとした熱気に、気持ちも滅入ってしまいますね。

そんな中ではありますが、今月も待望の北欧ビンテージ家具がやって来ました!今回はなかなかバラエティに富んだラインナップとなりました。

Erik Buck Arm Chair

デザイナー“エリック・バック”といえば、な作品。ここ最近、グリニッチでリクエストの多いチェアのひとつです。

「宙に浮いたように見える座面」で広く知られていますが、いろいろなパーツを見れば見るほどデザイナーのこだわりを感じます。

例えばこんなところとか。

ボタンのような木栓とナイフのような形のフレームに愛着が湧いてきます。

座り心地も抜群。背中に優しく沿った背もたれの曲線がとっても心地よく、長時間座っていたくなるチェアです。

今回はお馴染みのデンマーク/Kvadrat社の「Tonica2」で張り替えました。ウール100%素材なので、汚れにも強く、夏はさらっと、冬は暖かく使える優れたファブリックです。

これ1台で食事、作業、リラックス、をすべて叶えてくれます。

 

Hans J. Wegner AT-45 Wagon

数々の名作を遺したハンス・J・ウェグナーが、Andreas Tuck(アンドレアス・タック)社のためにデザインした「AT-45」。

ビンテージオークの素材感を感じられる色味に加え、味のあるキャスターも、醸し出す雰囲気に一役買っています。

ブランドを証明する刻印もしっかりと入っています。

持ち手が一体となったつくりなので、丈夫で移動しやすく、何かと重宝しそう。

ワゴンって何に使うんだろう?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、ダイニング周りで食器や食事を運ぶだけでなく、デスク周りで小物や書類を置いたりしても活躍しそうです。

年々相場の上がっているウェグナー作品でも、まだ手頃に手に入れられるアイテムです。

 

Ole Gjerløv knudsen & Torben Lind Easy Chair

イージーチェアも入荷しました。アームレスなのですっきりとしたフォルムで、圧迫感がありません。

Ole Gjerløv knudsen (オーレ・ゲルロフ・クヌードセン)とTorben Lind(トーベン・リンド)による共作で、あまりなじみのない方も多いかも知れませんが、彼らがタッグを組んでデザインされた作品は多くあります。

中でも今回入荷した「Moduline sofa」は、当時シリーズ化されており、数台を連結させたものや、テーブルを連結させたものもありました。

個人的な魅力は、何といっても背もたれのデザインが秀逸。

どうやって留まっているんだ?と興味をくすぐる構造は、見た目にも楽しませてくれます。

さすが、France & Søn社製!といったつくり。

ゆったりと身体を預けることができる深い傾斜。でも、クッションは固めの構造なので、立ったり座ったりは楽にできます。

ぜひ実際に座り心地を試していただきたい逸品です。

 

Dresser

最後にドレッサーのご紹介。

ひとめでわかるシャープさ。チェアやスツールをすっきりと収めることができるので、場所も取りません。

足がとってもスリムで、見た目にも、実際の重さも軽量感を感じます。

チーク×ブラックガラス×アフロモシアの色味の組み合わせがとても上品で、空間を引き締めてくれます。

それに加え、綺麗な曲線を描く引出しの取っ手もアクセントとなっています。

1台のドレッサーが日常の楽しみをアップさせてくれるでしょう。

今回ご紹介し切れなかったアイテムが他にも。サイズ感抜群の6段チェストなども入荷しています。

見て、使って、ワクワクするアイテム。

お気軽に代官山店でお試しいただけると嬉しいです。

代官山店 安達

Recommend

こちらの記事も人気です