• 北欧ビンテージ家具

【北欧ビンテージ入荷】新生活におすすめのダイニングテーブルやチェアが入荷しました!

みなさんこんにちは。グリニッチ代官山です。

日に日に春の陽気に包まれ、お店の周りも桜が咲き始めました。散策を楽しむ方も多くなり、以前よりも賑やかさが増しています。

さて、今月もビンテージ家具が入荷しました。すでに半分以上がご成約となりましたが、まだご覧頂けるアイテムも多数あるので、ご紹介させて頂きます。

 

【model GE88 Easy Chair D-R303D117/Aage Pedersen】

デイベッドが有名なGETAMA社で製作されたイージーチェア。デザイナーは同社の創業者の息子である、アーゲ・ペダーセンです。

背座の傾斜、小ぶりなデザイン、全体のバランスがちょうど良いチェア、という印象です。

GETAMA社製ですが、クッションにはスプリングは内蔵されていません。その代わり、クッション下をコイルスプリングで支えているので、クッションは程よい柔らかさながら、適度な弾力感のある座り心地です。

生地はコットンとリネンの混合生地。さらっとした感触が魅力です。気分転換や模様替えも楽しめるよう、リバーシブルで張っています。

 

【Dining Table D-711D715T】

ローズウッドのダイニングテーブル。幅1455mmとゆったりめのサイズです。

ローズウッドは元々希少ですが、ここ最近はより入手しづらくなっています。美しい艶と特有の杢目はいつ見てもときめきますね。

全体を広げれば、10人は座れます。ご自宅に来客が多い方も安心です。花やオブジェなど、お気に入りのディスプレイを施していただくと、より華やかに、空間の主役になってくれるでしょう。

 

【Dining Chair D-508D755 】

無名のダイニングチェアです。無名なのに紹介?と思われるかもしれませんが、「こんな仕様初めて見た」という珍しい一脚。脚の部分にご注目ください。

後脚の貫が、カーブを描いて座面の下部に入り込んでいます。入荷した後、思わず二度見してしまいました。

座面が少し前に出ているので、構造上の理由もあるかもしれませんが、フォルムが面白いな~と思う一脚です。

座面の高さは425mmとグリニッチの中では低めです。身長が低い方も脚が浮きづらいと思います。

 

【Stool 601D228】

ビンテージのシューメーカースツール。現行品でも販売のあるシューメーカーチェアですが、ビンテージならではの経年した風合いがとても素敵な一脚です。

シューメーカーチェアの起源は15世紀と歴史があり、元々は農作業の搾乳の際に使用されていた、三脚のスツールが始まりと言われています。その後時代に合わせて変化し、現在の形に。

お尻にぴったりとはまるこの形、愛らしさと使いやすさが混在した、この椅子ならではの特徴です。

座面の高さは590mm。現行品の近いサイズで560mmなので、サイズ感も異なりますね。

ダイニングには高めなので、キッチンカウンターや休憩用、作業用の一脚としておすすめです。

 

【ご来店について】

まん延防止等重点措置は解除されましたが、代官山店では引き続き、感染予防対策として「ご予約優先制」で営業しています。ご来店日がお決まりの方は、ぜひ事前の来店予約にご協力ください。

目黒川沿いの桜も開花が進んでいます。春の散策がてら、ぜひ遊びにいらしてください♪

 

代官山店 木村

Recommend

こちらの記事も人気です